バイナリーオプションが初めての方はこちら

373,780円

  • 30
  • 4
Q&A

為替で都市伝説ジブリの法則はバイナリーで使える?

  • カテゴリ:Q&A
  • 更新日 : 2014/07/14
  • 1,077
  • view
質問

為替相場の都市伝説的なものなんですがジブリの法則は本当に為替に影響があるのですか?もしあるならなぜもっと話題にならないんでしょうか?

回答

2013年の8月までの的中率はかなり高いみたいです。信じられないことですが今までに数度、為替の大荒れも起きています。

ちなみに放送日が米国の雇用統計の発表が行われる金曜。つまりは第一金曜に放送された日のみなるのですが、この状況の中で法則の内容は放映と統計の発表が重なると、統計の数字が事前の市場予想を下回り、その結果ドルが売られて円高ドル安が進行し株価が乱高下しやすくなる。というのが法則内容なのですが、どれだけ的中しているのかと言うとそれが非常に高い確率なのだそうです。

統計の発表と放映が重なったのは2010以降で計10回あったらしく、その内9回が円高ドル安の形になっていて、その話を聞くとこの的中率はすごい物があります。海外の経済アナリストなども注目をしてるそうです。

2010年以降で9回あったとお話したのですが統計発表自体は44回あって、その内円高ドル安になったのは26回でその内の9回となると非常に高い確率ではないかと言えます。

ですが、あくまでそれは米雇用統計の影響であるという推測の域はでません。金曜にジブリが放映されるのは放映権を日本テレビがもっているからで、それも週末に家族でテレビを見るとしたら視聴率がとれるのはジブリだから、というのが影響してるのかもしれませんね。

それでも、ここまで的中率があると何かあるのではないかと思ってしまいます。ただしバイナリーオプションで使えるかという事になると難しいです。動くとは思うのですが流石にそれを理由に予想を建てるのは怖すぎます。可能性は捨て切れませんが、それでもやはり米国雇用統計の内容を中心に考えるべきではないかと思います。ですが、頭の中にはジブリの法則を入れておくとよりリスクは少なくなるかもしれませんね。

カテゴリ:Q&A

この内容に関連する記事