バイナリーオプションが初めての方はこちら

373,780円

  • 30
  • 4
Q&A

英語ができなくても海外バイナリーオプションは大丈夫?

  • カテゴリ:Q&A
  • 更新日 : 2014/07/02
  • 689
  • view
質問

海外のバイナリーオプション業者と日本の業者とでの違いってあるのでしょうか?もし海外の業者を使うなら、英語が使えないと不利になったりするんですか?

回答

まず、国内の業者と海外の業者の違いについて解説していきましょう。

国内のバイナリーオプション業者と海外の業者では大きな違いがあります。まずは一つ目、それは国内業者の場合は高配当のペイアウト率があることではないでしょうか。バイナリーオプションの投資家としては一番気になる部分でもあります。日本では2013年に法規制が入ってしまったのでペイアウト率が抑え気味になってしまいました、そこが大きな違いの一つですね。

2つ目は一度の取引にかかる時間、それにともなう取引の回数の違いが挙げられます。海外の業者では60秒オプションがありますのでそこが大きな違いです。国内業者は規制の影響で1回の取引に最低でも2時間かかってしまうのがネックになりますね。

国内の場合は取引の回数は12回と決められてしまってるいるので、そこが差になる部分だとです。時間があるときにいつでも気軽に投資ができる、それがバイナリーオプションの良いところの一つなのでその部分を消してしまった規制については残念にですし、コンスタントに取引回数を重ねることで利益を積み上げる投資なので、取引回数が多い海外のほうが稼ぎやすいと言えます。

次に、海外のバイナリーオプションの業者を使う時に英語が使えないと不利になるかどうかについて考えて見ましょう。

不利になるかどうかは海外のバイナリーオプション業者によって全く違ってきます。日本語に完全に対応している海外の業者もありますが、全く対応していない海外の業者もあるので口座開設前に注意が必要です。トラブルになる前に事前にキッチリと調べるおくこといいでしょう。

私の中で回答を出させていただくと、英語は使えた方がいいですが日本語対応している海外の業者も最近では多くなってきているので、業者の選び方次第では必要はないと思います。気をつけないといけないところはページだけ日本語化ができる業者が増えていることです。サポートへのメールは英語で、と要求されたりするという話も聞きますので、事前にサポートが日本語対応か確認しておくようにしましょう。

カテゴリ:Q&A